良いドッグフードの選び方

食品添加物が一切含まれておらず、ワンちゃんが食べても安心な無添加ドッグフードですが、現在ではその種類も多様です。一体どのような無添加ドッグフードを選べばワンちゃんに喜んでもらえるか、以下で説明します。

まず、「穀物が使われていない」事です。ワンちゃんは肉食動物ですから、人間と違って穀物を消化しにくい体のつくりをしています。いくら無添加で健康に良いドッグフードでも、穀物が含まれていてはワンちゃんの体に負担がかかってしまいます。穀物不使用(グレインフリー)の無添加ドッグフードを選んで、ワンちゃんの体を気遣ってあげましょう。

次に、「人間も食べられる原料を使っている」事です。安い無添加ドッグフードの中には、人間が食べられないような粗悪な肉を使って値段を下げているものもあります。いくら無添加でも、食事が美味しくなければワンちゃんも悲しいでしょう。

人間が食べられる品質(ヒューマングレード)の無添加ドッグフードを選びましょう。加えてやはり、美味しい事が重要です。いくら無添加で健康に良いドッグフードでも、美味しくなければワンちゃんも嫌がります。各無添加ドッグフードの一番小さなサイズを購入してみて、ワンちゃんに食べさせてみましょう。ワンちゃんが一番お気に入りの無添加ドッグフードを毎日食べさせてあげたいものです。

無添加のメリット

無添加ドッグフードは、その名の通り食品添加物を一切使用していません。つまりドッグフードの成分は「食品」ばかりで、ワンちゃんも安心して食べる事ができます。無添加ドッグフードを選ぶメリットは、ズバリそこにあります。

無添加ドッグフードを食べるワンちゃんは、よく分からない食品添加物を食べずに済むのです。ドッグフードに含まれる食品添加物の中には、その用途しか考慮していない化学物質が多くあります。例えば保存料の一種は長期保存しか考慮していないので、「ドッグフードが腐らなければそれで良い」とばかりに体によくない化学物質を使用していたりするのです。

また香料の一種は、ワンちゃんの食欲が増進するように「ワンちゃんが好きな匂いであれば良い」という基準で体によくない化学物質を使用しています。そんなものが使われていては、ワンちゃんの健康を害します。

ワンちゃんだって生き物ですから、美味しくて、健康に良い食べ物を食べたいです。あなたが無添加ドッグフードを選ぶ事によって、ワンちゃんは美味しくて、健康に良い食事を楽しむ事ができます。余計な食品添加物をワンちゃんに食べさせる必要などどこにも無いのです。家族の一員であるワンちゃんに、安心できるものを食べさせてあげたいものです。

そもそも添加物とは?

無添加ドッグフードは、添加物を一切使用していないドッグフードです。ここで一度、「添加物」について改めて説明します。食品に添加される添加物を特に、食品添加物と言います。食品添加物には様々な種類があり、主にその用途に由来した名前が付けられています。

例えば保存料は食品の長期保存を目的とした食品添加物ですし、甘味料は食品の甘さが強くなるように添加される食品添加物です。食品添加物は食品の製造過程で使用される事もあれば、食品の加工や保存を簡単にする目的で使用される事もあります。人間の食べるものに含まれる食品添加物に関しては、厚生労働省が安全基準を定めています。

各食品添加物の安全性について食品安全委員会が評価し、人の健康を損なう恐れが無いと判断されたものに限り、成分規格や使用基準を定めているのです。しかしドッグフードの場合、その食品添加物の安全基準を定めているのは厚生労働省ではなく環境省です。

「ペットフード安全法」という法律が制定されています。しかし、これはあくまで環境保護が主目的の法律で、ワンちゃんなどペットの健康が十分に考慮されていません。ドッグフードに含まれる食品添加物の中には、その用途しか考慮していない化学物質が多くあります。それらを食べた場合に健康にどのような影響が出るかという事を、メーカーは十分に検討していないのです。

無添加ドッグフード

ワンちゃんと共に暮らしている皆さんにとって、ワンちゃんは単なるペットではありません。大切な家族の一員です。そんな大切な家族の一員だからこそ、健康に長生きして欲しいものです。そのためにはワンちゃんの日々の食事にも気を遣って、なるべく体に良いものを食べさせてあげたいものです。そういう意味で、ドッグフードというのは実は多くの危険が潜んでいます。

安いドッグフードの場合、少しでも味をごまかしたり、長持ちさせようという狙いで、添加物が大量に使われています。人間よりも体の小さいワンちゃんにとって、少しの添加物でも毒になります。安くて添加物を多く含んだドッグフードをワンちゃんに食べさせるという行為は、ワンちゃんに毒を食べさせる事と同じ意味を持ってしまうのです。

だからこそワンちゃんが日々食べる食事として、無添加ドッグフードをおすすめします。無添加ドッグフードとは、着色料、保存料、香料といった人工添加物を一切使用していないドッグフードを指します。そもそも添加物とは、保存料や甘味料など、食品を製造する過程で添加したり、食品を加工や保存するために使用される化学物質です。

人間の食べるものについては厚生労働省が使用の基準を定め、一定の範囲内での使用を認めています。しかしドッグフードに関しては、人間の食べるものではないため安全基準が極めて緩いのです。無添加ドッグフードを選ぶ事で、ワンちゃんが摂取する化学物質を大幅に減らす事ができます。それによりワンちゃんは健康に、かつ長生きできるようになるのです。